剪定をしてくれる造園業者に依頼をして和風の庭ができるまでの流れ

「和風の庭」にしたい人必見!業者が提案してくれる素敵な空間 「和風の庭」にしたい人必見!業者が提案してくれる素敵な空間

造園業者に依頼して和風な庭を造ろう!

造園業者は、庭の形状に応じた和風の庭づくりができるプロフェッショナルです。これから庭づくりを計画している方は、造園業者を頼ってはいかがでしょうか。

和風な庭ができるまで

打ち合わせ

まずは造園業者と打ち合わせを行うことから始まります。施主から庭木の状況のヒアリングを行うのが主です。施主が庭づくりのイメージが見いだせないなどという場合、施工例などの写真を見ながら一緒に話を詰めていきます。

現地調査

現地調査では庭木の種類や本数、レイアウトなどをチェックします。施主が庭木の移植や伐採、抜根などを希望している場合、それに適している状態かどうかも確かめます。この時に庭の広さなどを算出し、見積もりを出していきます。

プランの提案・見積もり

施主に対し、プランの提案を行います。庭木のレイアウト案や完成予想図、それに伴う見積書をセットにして提示します。施主の希望が反映されているか、プランの実現ができるかどうかなどをすり合わせていきましょう。不明な点があれば質問を行うことをおすすめします。

契約

見積もり額や造園業者が提案したプランに納得できたら、契約を行います。お互いに費用の説明や内訳確認、図面を照らし合わせながらプランの確認を行った後で契約に移ります。支払いに関する約束事などもここで決めることほとんどで、頭金として見積もり額の何割かを収め、工事完了後に残額を支払うのが定石です。

庭造り開始

工期の予定日通りに庭作りが開始されます。造園業者は下準備として草取りを丁寧に行い、不要な庭木の伐採の他、抜根を丁寧に行います。造園業者はノウハウを駆使し、イメージ通りの和風の庭を作るために、さまざまな作業を施していきます。

完成

工事が完了すれば、施主が確認を行い完成です。作業報告書にサインを行い一連の作業が完了します。後は請求書を受け取り、代金を支払えば終了です。造園業者は携わった庭を保つためにアフターフォローもしっかり行いましょう。植栽した木に対し枯れ木保証をつけるなど保障面でしっかりしている業者も存在します。

美しい庭になれば毎日が快適になる

荒れた庭よりも、整った美しい庭の方が、心が豊かになります。庭木に活力を得られるよう庭作りを本格的に始められてはいかがでしょうか。

TOPボタン